ページビューの合計

2017年4月22日土曜日

築地市場の豊洲移転をきめたのは石原。その前は築地再整備で1988~1997までそれが都の方針。石原の知事就任により移転の話が動きはじめた。なぜか?

どうも都の推進していた大開発の臨海副都心計画の去就とも関係がありそう。当時その計画は頓挫しかけていたのではないか?だからその起死回生の方策として汚染がわかっているのに方針を変更して移転すすめようとしてのでは?もっともっと研究が必要。

5/14am10:00~井草地域センター 朝鮮問題についてジャーナリストをよんで話を聞くがその打ち合わせ。

北朝鮮の核開発と米軍の空母派遣。韓国は大統領選挙。朝鮮半島は揺れている。他国のことと傍観者ではいられない。隣国だけに巻き込まれる恐れ大。
どうするのか?北朝鮮は核戦争には核戦争でと強気。これをいいことに米軍が乗ってしまえば大戦争。

対話しかないというがこんな緊迫したときすぐにできるとも思えない。そんなとき朝鮮の人々の考えやその背景などを現実に北朝鮮や韓国へ取材にいった人の話をきいて考えるのも一考。
事前の話をきいて、はっとおもったことは、脱北だけの話でなく韓国と北朝鮮ではそれぞれの国に親戚がいたり、日本から北朝鮮に帰還した人もいた。また韓国はいまでこそ民主主義国だが弾劾された現大統領の父親が大統領だったころまで軍事独裁政権だったし、そのころの北朝鮮はまだ韓国よりましだとおもわれていた時期もあった。

他国を含めた歴史でこうなってしまったのか?

核戦争に核戦争でこたえるというならその核をなくすための運動。今国連で議論され場合によっては核兵器禁止の決議がこの7月にもできる可能性があるが、それに向け運動、もっと注目した方がいいのではないかと思う。そうすれば北朝鮮だけでなく米国にも足をしばらすこともできよう。北朝鮮も国連会議に出席しているのでみずからの主張だけで済むとも思えない。外交委員会をつくったのもひとつの変化だとおもうが。。。甘いか?

2017年4月20日木曜日

金正恩対トランプ。片方が強がれば片方もまけじと強がる「子供のけんか」みたいだがそれどころではない深刻さ。力だけを誇示する前時代人には事態を冷静に見る目はない。トップをかえるしかないのでは?

一番心配なのは北朝鮮近海に米空母が近づくこと。こわいのはベトナム戦争でアメリカが北爆の口実にした攻撃されたといううそ。自作自演の報復で爆撃ははじまった。一触即発で真っ先にやられるのは韓国と日本。アメリカではない。対話しかないが。。。

解決をさぐるべく後援会も動く。
5月14日(日)10時より井草地域センター
地元のジャーナリストを迎え朝鮮半島の様子を聞く

主催 本天沼と井草下井草地域後援会
 要必見!!

著作権侵害で音楽教室。森林法違反でキノコ狩り。共謀罪の操作対象の一端がこれ?何をするにもコワゴワになってしまう世の中をつくるというのか?。

自民一強の政治をつくってしまった今の強行政治は一方で自民閣僚の節度のなさをつくってしまっている。それを生んでしまった小選挙区制は今度は一票の重みで区割り変更しようとしている。今の安倍自公強行政治はすでに破たんしている。
そう総選挙しかないのでは?

「徹底追及、築地市場の豊洲移転」を読み始めた。もともと豊洲移転は大型開発をするためのものだったようだ。ひさしぶりにひきこまれる本にであった。さすが赤旗編集局。

https://www.shinnihon-net.co.jp/general/detail/name/%E5%BE%B9%E5%BA%95%E8%BF%BD%E5%8F%8A%E3%80%80%E7%AF%89%E5%9C%B0%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E8%B1%8A%E6%B4%B2%E7%A7%BB%E8%BB%A2/code/978-4-406-06132-2/